カミソリでの正しい処理方法

MENU

カミソリでの正しい処理方法

カミソリでの正しい処理方法

カミソリで脱毛すると、毛を剃るだけではなく、肌の表面を傷つけてしまうことが多いです。

 

傷にはならなくても、またに肉眼では見えなくても肌が確実に傷ついてしまうのです。
カミソリでのお手入れを繰り返すと、赤みが残ったり、黒ずんできたりするのは、この肌へのダメージにもよります。

 

もしカミソリでの処理を続けるのであれば、処理後の肌のお手入れ、とくに乾燥対策をきちんとしましょう。
肌表面の角質や皮脂膜まで削られたり、肌の潤いなどが奪われてしまうと、肌にとって大きな損失なので、なるべく、その傷ついた部分をカバーします。

 

産毛など、どうしてもカミソリなどでしか処理できないところを除いては、できれば、電気シェーバーなどを利用したほうが良いでしょう。

 

また、機会があれば、脱毛サロンや、医療クリニックでも脱毛も考えてみましょう。

 

普通のカミソリを使った場合

普通のカミソリを使って脱毛するときには、その使い捨てカミソリにかかるお金は微々たるものです。
ただし、肌に直接あてるものなので、肌にやさしい物を選んで、歯を毛の流れに剃って向けると、より肌を傷めません。

 

毛の流れに逆らうと、よく剃れるようにおもいますが、角質や皮脂膜まで削ってしまって、赤みや傷の原因となります。
シェービングローションやクリームなどをしっかり塗って、肌をカバーしつつ、ムダ毛を剃りましょう。

 

カミソリ処理では、お金的にはあまりかかりませんが、肌ダメージや、赤み、痛みが出ることがあるので、なるべく脱毛の回数を減らして、脱毛前、脱毛後のお手入れもきちんとして、肌を最低限守る工夫をしておきましょう。

 

毛穴が目立つ部分は、カミソリよりも毛抜きを使いたくなりますが、毛抜きですと、もっと肌に悪いし、吹き出物の原因になる事がありますので、やめておきます。
長く同じところを抜いていると、黒ずみの原因にもなりますので、ムダ毛の処理をあまり軽く考えないようにしましょう。